TOEIC700点から800点に確実にあげる勉強法!

Pocket

TOEICが700点台から800点台まで、何を勉強していいのかわからない。

最短の方法でTOIEC800点台に到達したい。

そんな風に悩むTOEIC学習者の方も多いのではないでしょうか。

TOEIC700点を持っていれば、かなりの英語力です。

そこからさらに100点あげ、800点台に到達するにはそれなリの勉強法が必要です。

今回は、TOEIC700点から800点にあげる勉強法を紹介していきます。

TOEIC800点台のレベルを知っておこう

TOEIC800点といえば、誰しもが認める英語ができる奴の仲間入りをします。

就職活動や転職でもこの点数は、かなり評価されます。それだけ価値のあるものですから、簡単には取れないはずですよね。

TOEIC800点台は、英語力もかなり高いです。

リスニング問題なら、長い文章では大体は文章を理解し、たまに間違う程度です。

リーディングはすらすらと読むことができ、問題を解き終わることができます。

TOEIC800点台を取るための正答率

ではTOEIC800点台を取るには、どのくらいの正答率を取ればいいのでしょうか。

約170問の正解で800点だと言われています。

つまり170/200で正答率は、85%必要です。

TOEIC700点は正解数約140問、正答率は約70%です。

正解数を30問増やし、正答率は15%あげる必要があります。

TOEIC700点台の問題点

TOEIC800点を取るために、どのくらいの正答率を目指さなければいけないのか理解できたと思います。

ではTOEIC700点台の人たちには、何がたりていないのでしょうか。

原因さえわかれば、原因を改善することで点数をあげることが出来ます。

TOEIC700点の人の問題点は、大きく分けて4つあります。

TOEIC700点台の問題点
・英文法が弱い
・リスニングのPart3,4で点数を稼げない
・長文の読むスピード、正当率が低い
・模試に慣れていない

英文法が弱い

今までリーディングのPart5英文法の問題を適当に解いていませんでしたか?

TOEICのリーディングで、Part5の英分法は点数を稼げるPartです。

しかしTOEIC700点レベルの皆さんは簡単な英文法はできますが、少しでも複雑な問題が出ると間違えてしまいます。

しっかり英文法の発展レベルの問題を解けるようにする必要があります。

リスニングのPart3,4で点数を稼げない

リスニングでPart1,2のレベルなら、TOEIC700点レベルでも大体正解できます。

しかし少し長い文章になると、理解することが出来ないはずです。

しかしそれではPart3,4で点数を取れません。TOEIC800点に到達するには、Part3,4でもしっかり点数を取る必要があります。

長文の読むスピード、正当率が低い

TOEIC700点くらいだと、長文の問題を全て解き終わらないでしょう。

長文の読むスピードをあげるとともに、正答率もあげる必要があります。

模試に慣れていない

TOEIC700点とはいえ、まだまだTOEICのテストに慣れているとは言えません。

どのPartを何分で解けばいいのか。どんな問題が出るのか。

TOEICの模試は解けば解くだけ、慣れてきます。

参考書で何回も解き直し、TOEICというテストに慣れましょう。

TOEIC700点から800点までの総勉強時間

TOEIC700点の英語の問題点は理解出来たと思います。

それでは、具体的にどのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか。

TOEIC800点への総勉強時間
・学習目的: TOEIC上級者になる
・学習期間: 3ヶ月
・学習時間: 2時間/1日
・総勉強時間: 180時間
・目標点数: ~850点

TOEIC700点になると、英語の基礎はもう出来ています。

大事なのは、難しいリーディングとリスニングの問題の正答率を上げていくことです。

「3ヶ月も勉強を毎日2時間もするのか」

こう感じるかも知れませんが、英語の力は一長一短でつくものではありません

継続して、勉強することで少しずつ伸びていきます。

辛いですが、3ヶ月頑張ればTOEIC800点の仲間いりだと思い勉強を頑張りましょう。

TOEIC800点を取るための勉強法

それでは具体的に、TOEIC800点を取るためのオススメの勉強法を紹介していきます。

毎日の英語学習内容は下のようになります。

TOEIC800点を取る勉強法
・英文法を完璧にする(30分/日)
・スタディサプリEnglishでTOEIC対策をする(60分/日)
・模試を何回も解いて慣れる(30分/日)

英文法を完璧にする(30分/日)

TOEIC700点のレベルになると、わざわざTOEICの英単語帳で勉強する必要はありません。

なぜなら英語の文章を読み、わからない英単語を覚えばいいレベルだからです。

その時間を全て英文法に当てましょう

英文法は対策をしているか、していないかで大きく点数が分かれます。

目標はPart5の英文法問題で9割の正答率を出すことです。

英文法で正解しておくと、後の長文問題がかなり楽になります。

オススメの英文法教材

スタディサプリEnglishでTOEIC対策をする(60分/日)

TOEIC700点レベルの人にオススメしているのが、スタディサプリ ENGLISH
です。

このサービスはTOEICに特化した英語学習アプリで、携帯で簡単に勉強することが出来ます。

TOEIC人気講師の映像授業、各パートの裏技、英単語演習、リスニング演習、リーディング演習、実践問題

TOEICに出てくるものは、全てこのアプリで学ぶことが出来ます。正直他のTOEICのアプリとはレベルが違います

正直このアプリ一つだけで、TOEIC対策が出来てしまいます。

また教材も定期的に新しいのがUpされるので、終わりがありません。

様々な参考書を買うなら、このアプリを使い込んだほうが断然お得です。

今なら1週間の無料体験ができる

これだけ凄いサービスなのに1週間の無料体験が出来ます。

今なら1週間の無料体験中
・1週間の無料体験
・納得いかなければ返金保障

無料体験だけでも、かなり英語の勉強になるのでオススメです。

もちろん無料体験だけ行い、退会してもお金は取られません

模試を何回も解いて慣れる(30分/日)

TOEIC700点台の人は、模試をやり込み慣れる必要があります。

先ほど紹介した、スタディサプリEnglishでも模試は解くことが出来ますが、やはり本番同様に紙で解き慣れておきましょう。

実際の形式で模試を練習しておくことで、TOEICに慣れ点数をあげることが出来ます。

ここで大事なのは解いて終わりではいけません。しっかり復習をしましょう

TOEICは問題が似ているので、模試を復習すれば点数は上がっていきます

オススメのTOEIC模試教材

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、TOEIC700点から800点にあげる勉強法を紹介しました。

TOEIC700点の人は英語の基礎は出来ています。大事なのは少しでも正答率を上げていくことです。

その力は継続して英語を勉強するしかありません。

TOEIC800点は誰しもが認める、英語ができる人です。

その姿を目標に頑張って勉強してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です