TOEIC600点から700点に確実にあげる勉強法

Pocket

TOEIC600点台から700点まで点数をあげたいけど、何を勉強すればいいのかわからない。

そんな方も、多いのではないでしょうか。

TOEIC600点から700点は、点数を上げることが難しいです。

しかし適切な勉強をすれば、そこまで難しいことではありません。

今回は、TOEIC600点から700点にあげる勉強法を紹介していきます。

TOEIC700点のレベルを確認しよう

TOEIC700点の英語レベルはどのくらいでしょうか。

TOEIC700点になれば、英語学習者の中でも、中級者レベルになってきます。

リスニングは、長文の会話もなんとなく理解することが出来ますし、リーディングに関しても人によっては時間内に全て解き終わることが出来ます。

TOEIC700点の正答率は?

TOEIC700点を取るためには、140問正解する必要があります。

TOEICが全部で200問なので、7割正解すれば700点を取ることが出来ます。

600点ですと大体120問の正解と言われています。プラスで20問以上正解する必要があるんです。

TOEIC600点台の問題点

では、なぜTOEIC600点台の人は700点が取れないのでしょうか。問題点はなんでしょうか。

大きく分けて、4つの問題点があります。

TOEIC600点台の人の問題点
・単語力が不足している
・文法問題が弱い
・文章を読み慣れていない
・普段から英語を聞いていない
・模試になれていない

単語力が不足している

TOEIC600点台の人の単語量は、約5000語と言われています。

反対にTOEIC700点台の人の単語量は、8000語なんです。

3000語も足りないなんて、圧倒的に単語量が少ないことがわかりますよね。

しっかり、単語帳を使い単語量を増やす必要があります。

文法問題が弱い

皆さんの文法の正解率はどのくらいですか?

おそらく7割にも達していないはずです。

しかし、文法は実は一番点数が上げやすい科目です。

しっかり勉強して、最低でも7割5部は取れるようにしていきましょう。

文章を読み慣れていない

TOEIC600点台の人は、最後までリーディングの問題を解き終わりませんよね?

時間があれば、もっと点数が上がるのになんて思っていませんか?

それは、普段英語を読み慣れていないので、読むスピードが遅いんです。

このスピードをしっ仮、上げていく必要があります。

普段から英語を聞いていない

TOEIC600点台の人は、リスニングの長い会話で点数を落としていませんか?

TOEIC700点の人は、Part3.4の長文リスニングで、6割以上は正解する必要があります。

リスニング力は、すぐにつくものではなく、毎日の積み重ねで上がっていきます。

毎日少しでもいいので、英語を聞く必要があります。

模試になれていない

TOEIC600点までは、英語の基礎力で取ることが出来ます。

しかしTOEIC700点を取るためには、TOEICの試験に徹底的になれておく必要があります。

何回も模試をといてなれましょう

TOEIC600点から700点になるための総勉強時間

TOEIC600点台の人の問題点は、把握することが出来ましたね。

では、TOEIC600点から700点に上げるためには、どのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか。

TOEIC700点への総勉強時間
・学習目的: TOEIC上級者への第一歩
・学習期間: 3ヶ月
・学習時間: 2時間/1日
・総勉強時間: 180時間
・目標点数: ~750点

えっ3ヶ月も勉強しなきゃいけないの?そう感じると思います。

しかし、TOEICはそんな簡単に取れるテストではありません。

しっかり英語の基礎を勉強しましょう。

よくTOEIC600点台にありがちなのが、テクニックに走ってしまうことです。

テクニックを鍛えることはいいですが、TOEIC600点の人はまだしっかり英語を学習しましょう。

先にテクニックばかり鍛えると、後々点数が伸びなくなってしまいます

テクニックにこだわるのは、TOEIC800点を超えてからです。

それでは、3か月も何を勉強すればいいのでしょうか。

次はオススメの勉強法を紹介していきます。

TOEIC600点から700点の勉強法

3ヶ月間、毎日2時間勉強すれば、TOEIC700点を取ることが出来ます。

勉強内容は、5つに分けます。
単語、文法、リーディング、リスニング、模試です。

TOEIC700点を取るための勉強内容
・単語を8000語マスターしよう(30分/日)
・文法問題をこなしまくれ!(20分/日)
・リーディングは、毎日新聞を読もう(20分/日)
・リスニングの鍵は、毎日英語を聞くこと(20分/日)
・模試慣れをしておこう(30分/日)

それでは見てきましょう。

単語を8000語マスターしよう(30分/日)

TOEIC700点を取得するためには、8000語の単語量が必要だと言われています。

8000語と聞くと、大変に感じますが、TOEIC600点の人はすでに5000語の単語量があると言われています。

あと3000語覚えればいいんですね。

1日50語覚えると、2ヶ月で終えることが出来ます。

めんどくさいですが、皆さんお分かりの通り、英単語は基礎中の基礎。理解していないと問題を解くことは出来ません。

しっかり学習しましょう。

オススメの教科書

TOEIC600点までは、とにかく単語を覚えればいいですが、700点を目指す方は派生語などにも目を通し始めましょう

全て覚える必要はありません、目を通しこんな単語があるんだ!と理解しましょう。

何回も見ているうちに、派生語もなんとなく覚えていくことが出来ます。

単語帳の勉強の仕方は、下記の記事を参考にしてくださいね。

合わせて読みたい

英単語の覚え方にはコツがある!誰にも教えたくない最強の暗記法

2017.10.08

文法問題をこなしまくれ!(20分/日)

文法問題は、確実に取れるようにしましょう。

リーディングやリスニングは、日々の積み重ねなので簡単に上がりません。

しかし、文法に関しては、すぐに点数を上げることが出来ます

文法は、単純に知っているか知らないかだけです。

英語ができる出来ないではありません。

毎日20分文法を勉強すれば、Part5の文法問題に関しては8割くらいは取れるようになるでしょう。

オススメの参考書

リーディングは、毎日新聞を読もう(20分/日)

リーディング力を上げるには、毎日英文を読む習慣をつけることが、重要です。

でも、英語の文章を読むのって苦痛ですし辛いですよね。

それは、読んでいる文章がつまらないからです。

オススメは英語の新聞を読むことです。

英語の新聞を読むと、必ず世の中のリアルな情報なので、親近感もありますし、読んでいて楽しいです。

しかし新聞は少し難しいのでは?と感じる人もいると思います。

全て読む必要はないんです。大事なのは、自分の興味のある分野を読むことです。

バックグラウンドがあると、新聞を読んでいてもなんとなく内容がわかるようになります。

毎日20分でも、文章を読めば3カ月後のリーデイング力はかなり高くなっているはずです。

最近では、英語のニュースがアプリでも読めるので、忙しい朝の電車の中で読めてしまいます。


是非試してみてください。

リスニングの鍵は、毎日英語を聞くこと(20分/日)

リスニングの力はすぐに伸ばしていくことが出来ません。

毎日英語を聞いていたら、気づいたら聞き取れるようになっている。

リスニングなんて、そんなもんです。とにかく毎日リスニングすることが重要です。

オススメのリスニング法
リスニングでオススメするのは、スタディサプリ ENGLISH
です。

英語学習アプリなんですが、確実にリスニングの力を上げることが出来ます。

TOEIC対策コースなので、リスニング以外の勉強もこのアプリ一つで全て対策出来てしまいます。

特徴として、プロの人気TOEIC講師の授業が動画で見放題です。

レベルもTOEICの点数によって違い、どのレベルの人も学習ができます。

またコンテンツも充実しており、毎日飽きることなく勉強することができます。

リスニングからスピーキング、苦手は発音まで分析してくれるので、3カ月もするとリスニング力は格段に上がります

お金がかかりますが、最短で結果を出したい人におすすめです。

今なら1週間の無料体験ができるので、試してみてはいかがでしょうか。

1週間やるだけでも、リスニング力の向上を実感するはずです。

無料体験はこちら


模試慣れをしておこう(30分/日)

最後に大事なのは、試験慣れをしておくことです。

TOEIC700点レベルになると、次にどんな問題が出てくるか、どのPartをどのくらいで解かなければいけないか、が分かっていることは前提です。

最低でも3回は模試を解くようにしましょう

オススメの参考書

TOEICは2016年から新形式になりました。参考書の中には、昔のものも多いです。

注意しましょう。紹介している教科書は、新形式に対応しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、TOEIC600点から700点にあげる勉強法を紹介しました。

TOEIC700点になれば、堂々と周りに点数をいうことが出来ます。

やっと勉強の成果が認められる段階でもあります。

継続して、しっかり勉強してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です