TOEIC高得点の鍵は時間配分!各パートに何分使うか解説!

Pocket

TOEICのリーディングでは、各パートの時間配分はどうすればいいんだろう。

TOEICをあまり受けたことがない人は、こんな悩みがあると思います。

私もはじめは、時間配分がわからず、全然解き終わらなかった経験があります。
はじめは、時間配分がわからないのも当たり前です。

今回は、理想のTOEICの時間配分を紹介します。

TOEICリーディングでの時間配分

まずは、理想のTOEICの時間配分から見ていきましょう。

TOEICのリーディングのテストは、全部で75分間です。

この75分の間で、高得点を撮りたいなら、しっかり時間配分をすることが大事になります。

TOEICのリーディングセクションの理想の時間配分はこのようになっています。

理想の時間配分
・Part5(文法問題) 30問 10分
・Part6(長文穴埋め) 16問 9分
・Part7(長文) 54問 56分

この時間を目安に、TOIEC時の模試を解けるようにしましょう。

Part5とPart6の文法問題と長文穴埋めは、速攻でおわれるように心がけてください。

TOEICのリーディングにおいて、一番重要なのが、「どのくらい時間を持ってPart7に入れるか」です。

TOEICで高得点を取れない人の特徴として、Part7の長文が解き終わらないことです。

いかにPart7に時間を残せるのか考えながら、解きましょう。

それでは、各Partについて詳しく見ていきます。

Part5(文法問題)を解くコツ

Part5の問題は、 TOEICの中でも一番時間勝負のPartです。

1問にかけられる時間は、約30秒しかありません。

ここで重要なのが、文章の全てを読まないことです。

また、わからなければ諦めて次の問題にいきましょう。

その1問の配点は大きくありません。ペースを乱されないためにも、捨て問にしましょう

TOIECのPart5文法問題は、完全に練習しているかで、時間が決まります。

とにかく練習問題をやり込みましょう。

オススメの参考書

TOEICの文法問題は、参考書とほとんど同じものがでます。

参考書をやり込み1問でも多く、瞬時に答えがわかる問題を増やしておきましょう。

Part6(長文穴埋め)を解くコツ

Part6は、長文穴埋めです。

1つ1つの長文はかなり長いですし、16問で9分だと時間が足りないように感じます。

しかし中には似ただけで答えがわかるような、簡単なものもあります。

最初に穴埋めの前後を見て、瞬時に解ける問題か判断しましょう

もし瞬時に答えがわからなければ、注意してください、長文を全て読んではいけません

時間が限られています。また問題自体も前後のつながりを見れば、解けるように作られています。

前後の何文かを読んで、答えを導き出せるようにしましょう

Part7(長文)を解くコツ

長文を早く解くコツは、質問から読むことです。

Part6と同じで、文章の全てを読む必要はありません。

質問の答えがわかってしまえば、それ以上はその文章を読む必要はありません。

Part7はとにかくリーディング力勝負です。

実はTOEIC800点以上レベルの人しか、全て問題を解き終わることができません。

多くの人が、最後に適当に答えを選んでいると思います。

日頃から、英語長文を読んでいるかが重要です。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、TOEICの時間配分について、説明しました。

TOEICで高得点を取るには、時間配分を守ることは必須です。

もし時間配分が狂ってしまいそうなら、いくつか問題を捨てる勇気も必要です。

リーディングで時間配分はとても重要です。

しかし理想の時間配分を守るには、それなりにリーディンング力が必要です。

しっかり、理想の時間配分でTOEICを解きおわれるように、勉強していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です