TOEIC500点から600点に点数をあげる勉強法!

Pocket

TOEIC500点から600点台まで、あげたいけど成績が上がらない。

いい勉強法を知りたい。こんな風に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

TOEIC600点からは、英語勉強の中級者です。

簡単には、TOIEC500点から600点にはあげることができません。

がむしゃらに勉強するのではなく、最適な勉強法をすることが大切です。

今回は、TOEIC500点から600点に点数をあげる勉強法を紹介します。
合わせて読みたい

TOEIC600のレベルとは

まずはじめに、目指すレベルの英語レベルを知っておきましょう。

TOEIC600点というのは、英語中級者への第一歩といえます。

なぜなら、TOEIC受験者の平均点は500点後半です。
TOEIC600点でやっと、受験者の中の平均以上の得点になるんです。

また、TOEIC600を取ると、履歴書にも記載できるようになります。
つまり、どこでも最低限の英語力があるとみなされるんです。

TOEIC600点の正答率は?

TOEIC600点レベルだと、テストでは6割5分の問題に正解する必要があります。

TOEICの問題が全部で200問ですので、130問以上に正解しなければいけません。

TOEIC0500点台の人の問題点

では、TOEIC500点の問題点を把握しときましょう。

問題点を理解することで、自分に何が足りないかを理解することができます。

TOEIC0500点台の人の問題点
・単語数が足りない
・高校レベルの英文法が完璧じゃない
・文章を読むのが遅い
・簡単なリスニング能力しかない

単語数が足りない

TOEIC600点を取るための、単語数を知っていますか?
約6000語を覚える必要があります。

TOEIC500点だと、およそ3500語以上は覚えていると思いますが、さらに単語を憶える必要があります。

高校レベルの英文法が完璧じゃない

TOEIC600点台になるためには、高校レベルの英文法を理解している必要があります。

おそらくTOEIC500点台ということは、中学レベルの英文法は理解しているでしょう。

しかし、もう一段階レベルアップする必要があります。

文章を読むのが遅い

文章を読む力、いわゆるリーディング力が欠如しています。

みなさん最後の30問くらいを、適当にマークしていませんか?

リーディング力をあげて、1問でも多く正解する必要があります。

簡単なリスニング能力しかない

TOEIC500点レベルだと、簡単なリスニング問題しか理解できないはずです。

しかしTOEIC600点を取るには、Part3.4でも点数をあげなければいけません。

TOEIC600点レベルのリスニング力は、途切れ途切れ単語を聞き取り、理解できる力が必要です。

TOEIC500点台から600点の総勉強時間

TOIEC500点レベルの問題点はしっかり理解できましたね。

では、一体どのくらい勉強すればTOEIC600点になれるのでしょうか。

TOEIC600点への総勉強時間
・学習目的: TOEIC中級者の仲間入りをする
・学習期間: 3ヶ月
・学習時間: 2時間/1日
・総勉強時間: 180時間
・目標点数: ~650点

TOEIC500点台と大雑把なので、人によって勉強時間は異なります。

1日2時間、3ヶ月勉強する必要があります。

合わせて読みたい

TOEIC500点台から600点への勉強法

それでは、具体的なTOEICの勉強法を紹介していきます。

1日2時間も3ヶ月間、何を勉強すればいいのか気になりますよね。

まず最初に言っておきますが、TOEICの対策本を買って勉強するのはお勧めしません

まだ英語の基礎が完璧でないのに、対策本をやっても意味がありません。

それよりも、基礎を固めましょう
自然とTOEICの点数もあがります。

こちらが勉強する内容です。

TOEIC600点突破の勉強法
・単語を6000語、暗記する(20分/日)
・高校の英文法を完璧にする(30分/日)
・毎日長文を読む(25分/日)
・リスニング力を向上させる(20分/日)
・TOEICの模試を3周はする(25分/日)

それでは、それぞれの勉強について細かく説明していきます。

単語を6000語、暗記する(20分/日)

英単語を6000語を目標に覚えましょう

TOEIC600点レベルの英単語量は6000語と言われているためです。

6000語と言われると、無理なように思えてしまいますが、そんなに難しいことではありません。

オススメの参考書

TOEIC500点レベルの皆さんは、すでに3500語程度の単語量があります。

あと、2500語暗記すればいいだけです

1日20分で50語覚えたとしても、50日間で終わります。

残りの40日は、6000語の復習に使いましょう。

合わせて読みたい

英単語の覚え方にはコツがある!誰にも教えたくない最強の暗記法

2017.10.08

高校の英文法を完璧にする(30分/日)

高校の英文法を完璧にしましょう。

TOEIC600点は、中堅の大学レベル(一般試験で入学した人)です。

高校レベルの英語力は、しっかりつけておく必要があります。

また、先の話ですがTOIEC700点以上は、英語の基礎ができないと到達することはできません

ここでしっかりと、英語の基盤を作りましょう。

オススメの参考書

Forestは、僕も高校で使っていました。

このテキストは、中学の基礎的な英語から、高度な英語まで全て載っています。
全てカラーで、解説もわかりやすいです。

毎日長文を読む(25分/日)

毎日なんでもいいので、英語の長文を読む習慣をつけましょう。

英語のリーディングの力は、すぐに上がるものではありません。

毎日の積み重ねが重要です。

どんな文章でもいいので、読んでください。
ただ注意して欲しいのが、すらすら読めるものを選びましょう

難しいものを読むと、嫌になって途中で挫折してしまいます。

大事なのは、大体の単語はわかり、すらすら読めることです。

長文を読みわからない単語や文法があれば、覚えるようにしましょう。
オススメの参考書

こちらの教科書には、1長文1000語の文章がいくつも載っています。

1日25分で、文章を読み復習までしましょう。

リスニング力を向上させる(20分/日)

リスニング力を向上させて、英語の長文を理解できるようになりましょう。

TOEIC600点になるには、単語を所々聞き取り、会話を予想できるようになる必要があります。

リスニングは慣れです。できるだけ毎日リスニングをしましょう。

スタディサプリ EnglishはTOEIC専用のコースがあります。

ドラマのストーリーに沿って、楽しくTOEICの勉強ができます。

ストーリーを進めていくにつれ、自然とリスニング力も上がります。

1ストーリー3分からなので、忙しい社会人も電車の中で勉強ができてしまいます。

1週間は体験無料なので、体験してみてはいかがでしょうか。

TOEICの模試を3周はする(25分/日)

模試を通して、ときましょう。

「あれ、さっき参考書いらないっていってたじゃん」

と思われると思います。

まだTOEICのパートごとの参考書をやる必要はありませんが、模試はやった方がいいです。

オススメの参考書

こちらの参考書は、TOEICの公式機関が出していて、新形式にも対応しています。

模試は、全部で3周はしましょう

同じ問題をやって意味があるのかと思うかもしれませんが、意味はものすごくあります。

模試には、実際に出てくる問題もたくさん出てきます。(もちろん全く同じわけではないです。)

模試を何回も復習するだけで、TOEICの流れ、苦手分野、得意分野をしることができます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、TOEIC500点から600点に点数をあげる勉強法を紹介しました。

TOIEC600点までいけば、いよいよ700点が見えてきます。

英語は継続して勉強すれば、必ず結果はついてきます。

途中で挫折せずに、頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です