英単語の覚え方にはコツがある!誰にも教えたくない最強の暗記法

Pocket

英単語を覚えることは、英語学習者にとって大きな課題の一つですよね。

私自身も、英語の勉強をしている時は、中々覚えられなくて苦戦していました。

しかし、英単語を覚えたいけど、中々覚えることができない。

もし、簡単に英単語の覚え方にコツがあれば教えて欲しい!と考えていると思います。

今回は、誰にも教えたくない、英単語の覚え方のコツをみなさんに紹介します。

英単語を覚えるコツ

英単語を覚える時に、より覚えやすくなるためには、いくつのコツを頭に入れておく必要があります。

それが下の3つになります。

英単語を覚える3つのコツ
・英単語は朝と寝る前にやる
・目標を明確に作る
・最初は英単語の1つの意味だけを覚える
・諦めず継続する

それでは、一つ一つに関して説明してきます。

英単語は朝と寝る前にやる

皆さん、短期記憶と長期記憶って言葉を聞いたことありますか?

簡単に説明すると、人間が記憶したことは、一度短期記憶になります。

その後、繰り返し短期記憶が行われることにより、長期記憶になります

記憶が定着したといえるのは、長期記憶になってからです。

そのためには、英語の学習は朝と寝る前に行いましょう

実は、人間は寝ている間に、短期記憶から長期記憶にしていると言われています。

つまり、新しい英単語を覚えるには、寝る前に覚えるべきなんです。

逆に言うと、朝起きて、寝る前に覚えた英単語を復習することで、さらに長期記憶が定着しやすくなります

この人間の記憶の性質をしっかり理解し、英単語を覚えていくことで、最短距離で記憶を定着させることができます。

目標を明確に作る

2つ目のコツは、明確な目標を作りましょう。

皆さんそれぞれ、英単語の参考書を持っているかと思いますが、いくつ英単語が載っていますか?

おそらく、何千、何万の言葉が載っています。これを全て暗記しようと思うと、キリがありません。

また、復習もできないので、長期記憶として定着しません。

僕がオススメしているのは、1ヶ月に1000語をマスターしましょう

少ないと思うかもしれませんが、がむしゃらに単語を覚えて、記憶として覚えていないのでは、元も子もありません。

1ヶ月目は1000語をマスターし、2ヶ月目は2,000語、3ヶ月で3,000語と、どんどんレベルアップしていきましょう。

何ヶ月後に見ても、記憶が定着していることが目標です。

具体的な勉強方法に関しては、後の章で紹介するので、もう少し待ってください。

最初は英単語の1つの意味だけを覚える

3つ目のコツは、1単語で1つの意味を覚えましょう。

よく、例文の単語や類義語を覚えようとする人がいますが、やめましょう

キリがないですし、途中で挫折してしまいます。

また基本的に英語は、単語の代表的な意味しか出てきません。

代表的でない意味まで覚え、役立つことはほとんどありません。
それなら、他の英単語の意味を覚えたほうが効率的です。

もし、余裕がある方は挑戦するようにしましょう。

諦めず継続する

「最後に精神論かよ」と思うかもしれませんが、これが一番大切なコツだと思います。

英単語を覚えるのは、とても地味な作業です。必ず点数につながるか分かりません。

しかし、知っていないといざという時に悔しい思いをします。

英単語を覚えるのが、いやになった時は、

「なぜ自分がこんなに頑張っているか」、「目標は何か」

この2つを思い出して、踏ん張ってください。

何事も継続しないと手に入れることはできません。

誰にも教えたくない英単語の覚え方

英単語を覚えるコツは、理解していただけたと思います。

ここからは、紹介したコツを使った、具体的な勉強法を紹介していきます。

使用する参考書


英単語を覚える際に大切なのは、持ち運びができてコンパクトなサイズです。

英単語は、机に向かって勉強するよりは、通勤時間や隙間時間に勉強するのが、効率が良いです。

ここでは、2種類の参考書を紹介します。

オススメの参考書


今回は、2つ目に紹介して、英単語ターゲット1900を使って、実際に勉強法を紹介していきます。

英単語を覚える手順

はじめに、紹介する勉強法の流れを紹介します。

英単語覚え方の流れ(30分/日)
1. 夜に新しい単語を50個覚える
2. 朝起きたら、昨日と一昨日に覚えた単語100個を復習する(20日目)
3. 1と2を繰り返し、1000語覚えたら、2周目を行い、1日200個復習する(25日目)
4. 2周目間違えたものに、チェックを入れていく。()
5. 3周目は、チェックが入っているものだけ、復習する
6. 3周目でできなかったら、紙に書いて覚える(30日目)
7. 次の1000語に挑戦する

それでは、それぞれの勉強法について、詳しく解説していきます。

夜に新しい単語を50個覚える

毎日50個新しい単語を覚えます。

この時に注意するべきなのは、夜寝る前に覚えましょう

理由は、最初に書いた長期記憶と短期記憶のためです。

寝る前に短期記憶をして、寝ている間に長期記憶に変わっていきます

朝起きたら、昨日と一昨日に覚えた単語100個を復習する(20日目)

朝起きたら、昨日と一昨日に、覚えた単語50×2の100個を復習しましょう

朝起きたばかりで復習することで、まだ長期記憶になりたての記憶を、さらにしっかり定着させることができます。

皆さんお気づきかもしれませんが、この方法だと、1つの単語を3回、3日連続でみることになるんです。

1周目ですが、しっかりと記憶に定着させることができます。

1と2を繰り返し、1000語覚えたら、2周目を行い、1日200個復習する(25日目)

1周目で1000語覚えたら、すぐに2周目に入りましょう。

2周目は、1日に200個復習しましょう

2周目は、記憶に残っているので、1周目ほど時間はかかりません。

5日間で終わる計算になります。

2周目間違えたものに、チェックを入れていく

また、2周目は、ただ単語を覚えた、わからなかっただけではいけません。

間違えた時は、その単語にマークをしておきましょう。

1周目で3回も覚え直しているのに、わからないということは、あなたにとってその単語は苦手なものです

しっかり写真のように印をつけておきましょう。

3周目はチェックが入っているものだけ、復習する

2周目を終えるまでに、25日間使う計算になります。

残りの日間を使って、3周目をしましょう。

3周目で、覚えるのは2周目でチェックの入っているものだけです。

もしここで、まだ覚えられていない場合は、また別のマークを単語につけましょう

その単語は、あなたにとって、天敵とも呼べる英単語です。

3周目でできなかったら、紙に書いて覚える(30日目)

3周目で、覚えられていない単語は、紙に書いて覚えましょう

1つの英単語につき、5回書いて、発音も合わせて行ってください

実際に、書いて発音することで、記憶として定着しやすくなります。

次の1000語に挑戦する

3周目は人によって、終わるスピードが異なります。

もし時間がある方は、4周目をしてもいいです。

完璧だと思えたら、新しい1000語に挑戦していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、実際に使っていた、誰にも教えたくない、英単語の覚え方のコツや勉強法を紹介しました。

紹介したコツと勉強法を実践していたら、必ず英単語をどんどん覚えることができます。嘘だと思って頑張ってみてください。

英単語を覚えるのは、地道で辛い作業です。また人によって、最善の英単語の覚え方は違うと思います。

皆さん、自分にあったやり方を見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です